生態学が男性の効力と健康に及ぼす影響

私たちの体は、特に気候、空気の純度と組成、水の純度、その他の環境要因などの外的要因に弱いです。

見てみましょう – 悪い生態学はどこですか、良い生態学はどこですか?

環境に優しく良い環境:

  • ガス検知器の低
  • GMO製品の消費の割合が低いです
  • 樹木や森林の広大な面積

人間のための悪いと好ましくない生態学:

  • 産業廃棄物
  • 車からのガス状汚染
  • 吸気された空気中の二酸化炭素の割合が高い
  • GMO製品の消費割合が高い
  • 森林の枯渇と樹木の伐採

これらの2つの点を比較すると、村と都市との線を明確に辿ることができます。 私たちの大いに残念なことに、都市は、空気と一緒に肺に入り、それによって私たちの免疫力、効力、および全体的な健康を破壊する、ガス汚染と産業廃棄物の高レベルを持っています。

効力の環境の影響

男の健康と効力は、栄養、悪い習慣、ストレスといった多くの要因に左右されます。 そして、もちろん – 環境。最初の場所の医師は、生活、環境、悪い習慣、肥満、貧しい食品の品質の間違った方法を置きます。

インポテンス防止

効力の問題から身を守るためには、本質的により頻繁に休むこと、仕事を減らしたり、アウトドアレクリエーションにもっと多くの時間を費やすことが推奨されます。

より頻繁に町から出る機会があれば。