生態学が男性の効力と健康に及ぼす影響

私たちの体は、特に気候、空気の純度と組成、水の純度、その他の環境要因などの外的要因に弱いです。

見てみましょう – 悪い生態学はどこですか、良い生態学はどこですか?

環境に優しく良い環境:

  • ガス検知器の低
  • GMO製品の消費の割合が低いです
  • 樹木や森林の広大な面積

人間のための悪いと好ましくない生態学:

  • 産業廃棄物
  • 車からのガス状汚染
  • 吸気された空気中の二酸化炭素の割合が高い
  • GMO製品の消費割合が高い
  • 森林の枯渇と樹木の伐採

これらの2つの点を比較すると、村と都市との線を明確に辿ることができます。 私たちの大いに残念なことに、都市は、空気と一緒に肺に入り、それによって私たちの免疫力、効力、および全体的な健康を破壊する、ガス汚染と産業廃棄物の高レベルを持っています。

効力の環境の影響

男の健康と効力は、栄養、悪い習慣、ストレスといった多くの要因に左右されます。 そして、もちろん – 環境。最初の場所の医師は、生活、環境、悪い習慣、肥満、貧しい食品の品質の間違った方法を置きます。

インポテンス防止

効力の問題から身を守るためには、本質的により頻繁に休むこと、仕事を減らしたり、アウトドアレクリエーションにもっと多くの時間を費やすことが推奨されます。

より頻繁に町から出る機会があれば。

セックスパートナーの頻繁な変更

このよう不倫、早期の性的行為や性的パートナーの頻繁な変更などの概念は、ほとんどの人々の非難や拒絶反応を起こしません。

しかし、心地よい感覚や性的喜びの全範囲とともに、膨大な医療問題や病気が発生しています。

科学者は、さえの保護に真剣な態度で、性的問題を避けることは非常に困難であることを発見しました。

無差別な性的関係の危険性

性感染症。性的に伝染する病気の原因物質:

  • クラミジア;
  • ウレオプラズム;
  • 淋菌;
  • トリコモナス;
  • マイコプラズマ;
  • カンジダ属の真菌;
  • 細菌性病原体の組み合わせ。

上記に列挙された病原体のほとんどは、医薬製剤に対する感受性が低いことを特徴としており、長い間、何らかの形で現れていない。感染症の症状は、生殖器領域の不快感およびかゆみ、異常な排出、腹痛、性的活動の低下、肛門部の発疹、女性の月経不順などの不規則な現象であり得る。男性では、性感染症はしばしば勃起不全またはインポテンスなどの不快な現象を引き起こし、また妊孕性を有意に低下させる。

生殖器の個々の微生物叢の変化

でも、性的パートナーの完全な健康で、人々が問題に実行することができます。

すべての上に、男性または女性が不快ありふれが発生することがあります。男は無力になることがあります。 女性はカンジダ症に脅かされている。

また、心理的要因は危険です

セックスパートナーを変更する男は、性感染症のリスクが高いだけでなく、純粋に心理的秩序の問題もあり得る。

性的裏切りで見られるという恐怖は、精神状態に問題を引き起こす可能性があります。絶え間なく神経にいると、勃起の問題につながる神経の問題を経験する。

罪悪感は勃起不全を引き起こす可能性がある。